06.27
Tue
前回の続きです。
前編で書いたとおり、ビジネスメンタルトレーニングは①現状把握→②原動力の確認→③成長意欲の確認→④正しい目標設定と進みます。各段階がどの程度時間を要するのかは分かりませんが1回30分で週1度のペースで受診していきます。

〈参考記事〉
→『【休職9週目】メンタルトレーニング初回-前編-


今回は初回でしたので①現状把握を行いました。
全体像が見えずもやもやした中で進んだので、あまり記憶に残っていないのですが、覚えている部分を書きます。

最初に(恐らく)考え方の傾向を確認するためにコーチから定型的な質問を受けました。
あなたにとって社会人とは何ですか、なぜ働くのですかといった内容で10問程度です。これは追々フィードバックがあるのですかね。

その後はコーチにこれまでの経緯をざっくり話しました。

1年前に意に添わない異動があり業務内容に興味を持てないまま嫌々仕事をしていた。かつ、異動先の縦社会の環境も合わず、そのWパンチで体調を崩し休職しました。


と。それを聞いたコーチから一言。

人間が為すことは体験と経験に分かれます。体験とは人が何かをすること、経験は体験のうち自分が活用できるものを指します。あなたは現職の考え方に共感できないということなので、そこでの時間は体験にしかならないでしょう。長い人生の中のわずかな我慢期だと考えて、職場を変わる努力に力を入れた方が良いです。


うん、知ってる。と思いましたが、この場は今後どうするかを決める所ではなく適応能力を上げるトレーニングの場なので、これはトレーニング外のコーチの私見だと思い軽く流しました。今後の指針を示すのはコーチではなくドクターでしょう。

そんなことをやっているうちにあっという間に時間枠の30分を迎え、ここで終了です。
全体的に駆け足でじっくり話すという感じではなかったです。なので満足感は低かったですが、まだ初回なので今後に期待ということで。

以上、30分5,000円也(°_°)。

スポンサードリンク

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://toukyool.jp/tb.php/46-2d0ae1d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top