06.16
Fri
休職中だからといって何もしていないと知識欲が溜まってしまうので、最近は「ストアカ」で興味のある講座を見つけて学ぶのにハマっています。基本的には個人間での契約になるので、業者主催の講座と比較して安価なのです。

ストアカ
ビジネススキルから趣味の習い事まで、個人が主催する教室や講座を1万件以上掲載する日本最大級のまなびのマーケット。エクセル、ポーセラーツからバック転まで、あらゆるジャンルの講座が1回から気軽に体験できます。
全国で10万人以上が参加しています。


(参照元: ストアカ公式サイト)


大体はヨガなどの趣味系の講座を受けているのですが、とあるビジネススキル系の講座が絶賛レビューばかりだったのがとても気になり、時間もあるので試しに受けてみました。

エクセルで学ぶビジネス・シミュレーション・セミナー①超入門』 3,780円
 
 投資銀行が作っている財務モデルの簡易版を、誰でも作れるスキルを提供します。
 財務モデルを自分で作れるようになることで、

 (1) 将来の収益を予測したり、
 (2) 考えた戦略・企画がどれほどの利益インパクトがあるか

 を、定量的にシミュレーションすることができます。
 また、エクセル(Excel)の正しい使い方も細かくレクチャーします! (講座概要より)

【講師】熊野 整先生


家のPCにはエクセルが入っていなかったので、「Office 365」をインストールしていきました。最初の1ヶ月は無料で利用できます。


結論からいうととても役立つ講座でした。
超入門編では「エクセルでの数値計算をミスなく、効率的に表にまとめる方法」をマクロや関数を使わないやり方で紹介してくれます。財務モデルを例に話が進みますが、財務モデル以外にも応用できるスキルです。

私は以前の部署では、システムの数年後のデータ量を伸び率から予測していたのですが(課長からは占い師と呼ばれていた)、扱う数値が増えるにつれて、いつの間にか参照元がずれていたり、計算式が違っていたりするのでそれをチェックするのが大変でした。もっと早くこの講座を受けていれば、何十時間も無駄にせず済んだのにと心底思いました。

特にその計算チェックに有能なエクセルの「トレース」機能。講座で聞くまで知りませんでした。
これを使えばコピペで貼り付けた式で参照元がずれていてもすぐに気が付けます。

トレース
指定したセルの値がどのセルを参照にしているのかを青い矢印で示してくれる機能。
(引用元: 「外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版」)


この機能を知れただけで1ヶ月分くらいの知識欲が満たされました。
やはり餅は餅屋ですね、数字の専門家違います。受けて良かった。

ちなみに、講師の熊野整さんはカーソルが目で追えないほどエクセル操作が超高速でした。
書籍を3冊出されていて、講義の後ならディスカウント価格で購入できるとのことだったので、勢いで1冊買ってしまいました。読み比べましたが、取り敢えずは一番左の緑の本があれば事足りそうです。

  


また、最後にエクセルのショートカット一覧(無料)をいただきました。↓
自分も新入社員の時にこれの10分の1のクオリティものを作って使っていたのを思い出しました。懐かしいあの頃・・。

excel.jpg

ブロトピ:ブログ更新しました♪

スポンサードリンク

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://toukyool.jp/tb.php/39-ba75bded
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top